S=alの証明①







S=alの証明です。

テストに良く出題される問題ですね。

 

図の色がついた部分の面積をSとする。色のついた部分の真ん中を通る線の長さをℓ、色のついた部分の幅をaとするとき、S=aℓであることを示せ。

解説は下にあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です